CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
宇宙船地球号操縦マニュアル
宇宙船地球号操縦マニュアル (JUGEMレビュー »)
バックミンスター フラー, Richard Buckminster Fuller, 芹沢 高志
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「全体主義」「非個性的」という批判は、バウハウスよりもそれを受けた社会主義的建築に対して当てはまる。
...モデルネに代わって登場してきた建築概念を端的に表すものとして知られるのが、一九五四年一二月モスクワで開催された「ソ連邦建設専門家統一会議」の場でのフルシチョフの演説であった。そこで建設産業のスローガンとして掲げられたのは、「より良く、より安く、そしてより早く建設する」であった。
 ...結果安上がりで、画一的デザインが町を覆うことになり、すんでいる人々の住居性やモノトーンからの解放といったバウハウスが志向したものとはかなり違うものが誕生することになった。
 ポストモダニストが展開する「全体主義」「非個性的」といった批判は、モデルネから換骨奪胎して生まれたこうした社会主義的建築に対してこそ当てはまる批判であった。
(歴史評論 2004年1月号 星乃治彦『「モデルネ」のコンテクスト――バウハウスをめぐって――』 )
| バウハウス Bauhaus | 10:07 | comments(0) | trackbacks(1) |
| 1/1PAGES |